本文へ移動

その他

【 床の捨て貼り 
*下地にも無垢にこだわります。
 特に床の捨て貼り。
 
 仕上げのフローリングを貼る前に、まず捨て貼りとよばれる板を貼ります。
 近年のほとんどの家は合板を貼りますが、なるべく合板は使わないという考えですと、
 床に合板を使う選択肢はありません。
 
 いくら下地とはいえ、床全体に使ってしまったらかなりの量です。
 
 そこで、杉板を貼ります。
 金額は少し上がりますが、十分その価値はあります。
 貼った感じとして、やはり合板よりも気持ちがよく、体にも家にも良さそうです。
 
 
 
 
 もちろん、二階の床も杉板です。
 
 二階は水平耐力を上げるために、30㎜の杉板です。
 
 
 
 
*二階の床を一階から見上げても、またいい感じです。
 
 好み、納まりによっては、このまま一階の天井にすることも出来ます。
 
 合板でも出来ますが、この自然な雰囲気にはなりません。
 
 
 
 
 
*耐久性・住環境・健康・森の事、色々な面で合板よりも杉板がオススメです。
 
 使っていても、杉板の方が健全な感じがします。
 
 どんどん杉板を使いましょう。
 
 
【 建具 】
建具も合板ではなく無垢にこだわります。
 
見た目や雰囲気だけではなく、耐久性や健康にも影響します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
木だけではなく襖もオススメです。
 
木の建具より安価で、雰囲気は優しく、良くなります。
 
洋室にも合うデザインもあります。
イメージよりも丈夫で、もし傷ついたりしても貼り替えがが容易です。
 
 
 
 
 
 
 
【 軒が深い 】
自然素材の家でセットで考えたいのは“軒”です。
 
特に、塗り壁の外壁をする場合、軒が深いのは必須です。
 
軒が深いことで、外壁に雨や日が当たりにくく、長持ちします。
また、自然を活かすという意味でも軒が深い方が良いです。
 
夏は日が入りにくく、暑くなりにくい。
また、雨の日でも窓を開けて自然の風を取り入れられます。
 
 
 
 
 
有限会社浅井住宅
〒444-3174
愛知県岡崎市真伝町字満場42-27
TEL.0564-22-7013
FAX.0564-25-4968
新築。増改築。風呂、洗面、トイレ、キッチン、リフォーム。介護の為の改修。耐震工事。
TOPへ戻る