本文へ移動

タカトシの自由帳

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

一枚板、センダン編。ケヤキっぽいよ。(S様邸)

2020-12-27
こんばんは。
いつもありがとうございます。

お久しぶりです!
随分書けていませんでした。
残業残業が続いていまして。
事務仕事の残業は日常茶飯事ですが、今は現場の残業です。
疲れますが、夜の作業は結構好きです。
もちろん、日曜出勤も。
一人で黙々やれるので、好きは好きだけど、ちょっと疲れてきました…。
でも、現場を進めなければ!


さてさて、間が空いてしまいましたが、一枚板シリーズです。
この家の最後の一枚板。

反りに反って、ねじれにねじれていました。
でも、平らにしなければ。
電気鉋で削りまくって平らにしました。
25㎜くらいは薄くなったかも。




きれいになりました。
植物油を塗って艶も出ました!

センダンっていう木です。
あんまり聞いたことないですが、ケヤキっぽい感じの木。
ケヤキはなかなか高いですが、これは結構お手頃。




キッチンカウンターに採用です!

一枚板なので、また反ってきます。
ねじれてきます。
アリ桟(アリ桟の説明は割愛!斜めに掘ってあるやつ。)を作って反り止めします。


キッチンカウンターに柱があったら邪魔なので、腕木が必要。

反り止め兼腕木も、耳付きの一枚板を使います!
大工だからこそできること。

一枚板には一枚板が似合います。
この腕木で雰囲気も変わります。



さあ、明日からも頑張ります!
もうちょい!


では、明日も素敵な一日にしましょう。
頑張りましょう。




















愛知県産材で建てよう。魅力あるよ。

2020-12-10
浅井住宅では、愛知県産材を使っています。
 
地元で育って地元で切って地元で乾かして地元で削って地元で加工して地元で使う。
そう、地元ばかり。
 
運送費が最小限に抑えられます。
余計な出費が出ません。
費用だけではなく、エネルギーも最小限に抑えられます。
余計なエネルギーが発生しません。
 
それぞれの県の県産材を使うという大きな意味は、これだと思います。
エネルギーが少ないということは、地球環境に優しくなります。
地球環境は大事。
 
 
もう一つ、その土地の環境で育った木で家を建てた方がその土地の環境に順応しているので、強く耐久性の高い構造材になります。
海外で育った木を日本で使うのは良くないです。
日本の高温多湿の環境に順応できていないので、危ない。
 
 
そしてもう一つは、地元の人が地元を盛り上げた方が、なんだか良い感じですよね。
地産地消みたいな。
地元が地元を盛り上げて活気づくのって大事だなと思います。
 
 
愛知県の東三河の杉は、全国的に見ても強度が高い杉だという実験結果があります。
(程よく寒い環境で育っているから)
 
これが、あんまり強くなかったら近隣の県から買った方がいいかもしれません。
でも、強いので、そりゃ愛知県の木を使いますよね。
 
 
浅井住宅は、愛知県の中でも、新城の材木屋さんから買っています。
(新城の昭典木材さん)
なんと、いまどき珍しく天然乾燥でやっています。
天然乾燥でやることで、健全に乾燥されて、木の粘り強さが発揮されます。
あと、色艶・香りが良くなります。
ちゃんと、本当の杉の色と香り。
 
木本来の粘り強さと色艶、香りがあります。
人工乾燥では、それが全て失われてしまいます。
(これはちょっと問題ですよね)
 
 
愛知県産材の天然乾燥材で建てましょう。
迷う必要なし!
一択です!!
 
 
 


 
 
 
 
 
 

一枚板、カエデ編。節は強敵!でも、良い味出すよ。(S様邸)

2020-12-08
こんばんは。
いつもありがとうございます。
 
一枚板のカエデ編。
このカエデは、寝室のパソコン机兼テレビボードにします。
 
前回同様に、電気鉋で平らにしていきます。
そこからほったらかしにすると、またどんどんどんどん反ってねじれてくるので、アングルの金物で反り止めをしておきます。
(実際に使うまでの仮の反り止め)
 
いざ使うときに、また仕上げ直します。
大きな節があって、仕上げるのも大変大変。
でも、この節が良い味出してます。
ほんとに、自然で良い味出します。
 
ちょっとした割れも良い味です。
一枚板ならでは。
表情豊かになりますね。
 
 
で、恒例の植物油を塗って仕上がり。
良い艶が出て、なんだか、命が吹き込まれる感じがします。
 
で、取り付けます。
 
今回も、作業に必死で過程は写真撮れてません!
すいません!
 
いや~、めちゃめちゃ重くて大変でした。
カエデって重い!!
 
畳の部屋ですが、堀こたつ的にして座れるようにしました。
うん、使いやすそうだ。
 
カエデも好きだな~。
(重いけど!)
 
では、明日も素敵な一日にしましょう。
頑張りましょう。
 
 
 


 
 
 
 
 
 

一枚板、クルミ編。式台取り付け。重い!(S様邸)

2020-12-05
こんばんは。
いつもありがとうございます。
 
 
前回の続き。
式台の取り付けです。
 
作業に必死で、要所要所の写真がありません!
 
さて、場所がなかったので、外で作業。
気持ち良い。
 
長さを切って(といっても、逆に足りないくらいなので、角度を合わせて切るくらい)、高さを合わせるために下端を削って、框を乗せて固定する!
 
文章にしちゃうとあっという間にできちゃいますが、ちょこちょこちょこちょこと手間がかかります。
 
 
 
 
 
 
なんせ、板が重い!!
 
測って切ってみて、重いのを頑張って運んで試しに置いてみたらもうちょい切らないといけなくて、また重いのを頑張って運んで。
 
測って削ってみて、重いのを頑張って運んで試しに置いてみたらもうちょい削らないといけなくて、また重いのを頑張って運んで。
 
という繰り返し。
 
この、運ぶっていうのが疲れる!
重いし、傷つけないように気はつかうし。
 
結構疲れたけど、予定通りうまくいきました。
気持ち良いですね。
 
クルミ、バランス良くて好きだな~。
 
 
 
では、明日も素敵な一日にしましょう。
頑張りましょう。
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 

一枚板、クルミ編。勘が大事で楽しい。(S様邸)

2020-12-03
こんばんは。
いつもありがとうございます。
 
家づくり勉強会月間が終わりました。
ありがとうございました。
 
またやっていきますので、よろしくお願いします。
 
 
さあ、一枚板シリーズの1枚目です。
今回は、クルミ!
良い木です。
優しい雰囲気。
まずは、平らにしていきます。
好きなようにねじったり反ったりしているので、これを平らにしていきます。
電気鉋でどんどん削っていきます。
 
どんどんどんどん削れるので、結構楽しい。
この仕事、好きです!
 
 
定規やレーザーを使ったりもしますが、実は、勘が大事だったりします。
経験からくる勘や感覚。
勘や感覚も大きいから楽しいのかも。
 
もうちょいこの辺削ろうとか、力の入れ具合とか。
 
慣れてないと、めちゃくちゃ時間がかかります。
どこを削るのかよく分からなくなってきて、どんどんどんどん薄くなってしまいます。
もったいない!!
 
慣れてくると、早くなって最小限の削り具合でできるようになります。
 
経験の差、技術の差が結構出ます!
 
平らに仕上げても、あっという間にまた反ってきます。
反り止めもしっかりやっておきます。
(反らないでという、強い思いが大事!)
 
現場で使う時にまた反っていたら困るのです。
迷惑!
 
この反り止め、結構シビアな仕事です。
これはこれで、楽しい。
最後に、植物油を塗って完成。
艶が出て、木目も出て、良い感じ。
 
次回、玄関に取り付けます!
長さがシビアなので、心配!
 
 
 
では、明日も素敵な一日にしましょう。
頑張りましょう。
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
有限会社浅井住宅
〒444-3174
愛知県岡崎市真伝町字満場42-27
TEL.0564-22-7013
FAX.0564-25-4968
新築。増改築。風呂、洗面、トイレ、キッチン、リフォーム。介護の為の改修。耐震工事。
TOPへ戻る