本文へ移動

タカトシの自由帳

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

仕事納め(木摺り打ち)N様邸

2019-12-31
こんにちは。
 
今年最後の記事です。
 
今年は、正式に三代目となり、大きな節目の年となりました。
令和とともに代替わりしました。
(分かりやすい!)
 
今年も大変お世話になりました。
ありがとうございました。
 
 
さて、昨日まで現場で頑張り、何とか漆喰塗り壁用の木摺り下地が完成しました。
これに左官屋さんが砂漆喰を塗り込んでいきます。
 
木摺り下地の漆喰についてはこちら
 
相変わらずきれい!
 
僕の性格もありますが、下地がきれいにできていないと後々に影響が出ます。
 
 
 
アップだとこんな感じ。
 
この隙間に砂漆喰がググっと入り込んでいくわけです。
 
程よい隙間にしないといけないので、下地といえど、意外とシビアな作業です。
裏からもきれい!
(筋交いが邪魔…)
さあ、今年ももう数時間。
隣の実家に親戚も集まってきました。
年賀状も無事に出せました。
大量のお年玉も準備できました。
大掃除は、まぁ、、、、
 
 
 
では、皆様、良いお年をお過ごしください。
 
 
 


 
 
 
 
 
 

オリジナル作品

2019-12-25
こんばんは。
 
長男がレゴにハマっています。
レゴシティを説明書を見ながら作り、バラしてはまた作り。
 
またバラバラにして、今度はオリジナルの作品作り。
行き当たりばったりではなく、考えてから何かイメージしてそれに合う部品を選んで作っていきます。
 
感心します。
 
 
タイヤの高さが変わるとうまく走りません。
でも、ちゃんと調整してうまく走るようにします。
 
感心します。
 
 
部品を、違う使い方で応用していきます。
 
感心します。
 
 
このクリスマス、サンタさんからまた一つレゴシティをもらいました。
根気よく頑張って作っています。
 
感心します。
 
 
長男に感心しているという話でした。
どんどん工夫してどんどん作ってほしい!
 
 
 
では、また。
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 

無垢板、窓枠(N様邸)

2019-12-08
こんばんは。
 
新築中の現場の窓枠作りです。
 
窓枠も、浅井住宅は無垢にこだわります。
最近の家は、木を使っていたとしても集成材が多いと思いますが、やはり無垢板とは雰囲気が違う。
悪いとは言いませんが、偽物感が出ちゃいます。
 
在庫の板を引っ張り出してきましたが、窓枠だけでこれだけの板を使います。
なかなかの量。
 
節の有無はもちろん、木柄、ねじれ具合反り具合を見て、どの部屋のどの窓に使うか振り分けていきます。
この作業が意外と時間かかるのです。
 
 
振り分け作業が終われば、後はどんどん進めていくだけです。
 
機械で、平らにして真っすぐにして、ちょうどいい寸法に削って。
 
こんな感じ。
なんだか随分スッキリしましたね。
 
 
 
プラスターボードがささる溝や、漆喰を塗り込む溝もきちんとやっておきます。
 
この一手間が大事。
 
施工もしやすくなるし、なにより仕上がりがきれいになります。
 
 
無垢板にこだわると、作っていくのも気持ちが良いです。
木を活かしている感じ。
 
 
 
では、また。
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 

ダイニングテーブル

2019-12-06
こんばんは。
 
前々回の記事の続きです。
 
前々回、ボセの一枚板を2枚引っ張り出してきました。(ややこしい)
 
で、この2枚を貼り合わせます!
(もちろん、貼り合わせる前に、平らにして厚みもしっかり揃えます)
 
パッと見、2枚と分からないくらい、しっかりくっつけます。
 
 
で、希望の形に切って削って整えていき、仕上げて完成!
 
こんな感じになりました。
 
片側は一枚板っぽく耳(皮)を残して、もう片側は人数が座れるように角を丸くしました。
皆がテレビを見ながら座れます。
 
 
 
ようやく、我が家のダイニングテーブル完成!
 
大変お待たせしました。
 
予想より、結構部屋の雰囲気が変わります。
存在感が有り過ぎず無さ過ぎず、良い感じ。
木は凄いですね。
 
さあ、次は何を作ろうかな、、、
 
 
 
では、また。
 
 
 


 

変木丸太(N様邸)

2019-11-20
こんばんは。
 
丸太です。
変木です。
曲がってます。
 
ポーチの屋根の柱ですが、こんな変わった柱が立っていると、面白さが出ますよね。
色々と変わったデザインをするのもいいですが、この変木一本で一気に表情豊かになります。
 
遊び心、大事ですね。
 
こんなに曲がってます。
 
面白くていいのですが、加工は大変です。
 
丸太でさらに曲がってるっていう。笑
 
直角出したり、高さ測ったり、角柱ならあっという間ですが、丸太でさらに曲がっていることで手間がかなりかかります。
一工夫、二工夫必要です。
こういう、ちょっと難しくて試行錯誤が必要な事、嫌いじゃないです。
 
大変ですが、その分、面白くやりがいあります。
少し不安もありつつ、ワクワクドキドキします。
 
さあ、ちゃんとできるかどうか。
 
お楽しみに。
 
 
 
では、また。
 
 
 


 
 
 
 
 
 
有限会社浅井住宅
〒444-3174
愛知県岡崎市真伝町字満場42-27
TEL.0564-22-7013
FAX.0564-25-4968
新築。増改築。風呂、洗面、トイレ、キッチン、リフォーム。介護の為の改修。耐震工事。
TOPへ戻る