本文へ移動

白詰草の家

土台は、昔お客様が用意していたもので、最近では滅多に使われない栗の木です。土台には最高の木。
プレカットではなく、墨付け手刻みで行いました
木と木をつなぐ継手です。
手刻みならではの追っ掛け大栓継ぎです。
こちらも手刻みならでは
玄関を入ると、まずこの丸窓が目に飛び込んできます
丸窓のガラスが外せるようになっており、絵などを飾れます
例えば、こんな感じ
床は、無垢のカバ桜です
 
トイレの棚に、お客様の倉庫に眠っていて木をワンポイントで使いました
収納するもの、収納の仕方が決まっていたので、そのように合わせて棚を作りました

家づくりのポイント

白詰草の家:無垢の木材をふんだんに使用した和風住宅

お客様が自ら集めた天然の木材を使用
 
住宅の素材にはお客様が自身で集めた材木(檜や栗や松)を土台やを構造材の一部に使用しました。
土台には最近では滅多に使用されない栗の木を贅沢に使用しています。
他にも柱や梁などの構造材に檜や松を使用して和風住宅の風合いを感じさせる仕上がりとなりました。
 伝統技法「技墨付け刻み」
 
お客様に材料の支給をしていただけたのでプレカットではなく、墨付け刻みで大工が木材の加工をいたしました。
柱と横架材の接合にも金物を使用せず、込み栓という木の栓を使用しました。
これも職人による墨付け刻みだからこそ、継手や仕口ががっちりと噛み合い丈夫な構造だから出来るのです。

月日の流れと共に味が出てくる無垢材の楽しみ

住宅全体の仕上げとして様々な所に無垢材を使用しています。
廊下や縁側は無地の檜を使用したり、リビングは無垢のカバ桜を使用しています。
これらの無垢材は新築では木々の新鮮な香りがしますし、月日が経つと木々が熟成して年々違う味わいが出てきます。

月日の移り変わりと共に成長していく住宅、それが白詰草の住宅です。

有限会社浅井住宅
〒444-3174
愛知県岡崎市真伝町字満場42-27
TEL.0564-22-7013
FAX.0564-25-4968
新築。増改築。風呂、洗面、トイレ、キッチン、リフォーム。介護の為の改修。耐震工事。
TOPへ戻る